忍者ブログ

「南茅部の氷筍記2012(6)」の詳細記事: にょほほんっと3

にょほほんっと3

日々の他愛もないことをぶつぶつと。                           気になった記事(過去記事を含む)へのコメントor拍手ボタン大歓迎です。

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

Navigation

南茅部の氷筍記2012(6)

『古部大滝』を観て動画を
撮影↓した後
”古部大滝の氷2012冬・・・(2)”参照)

旧 南茅部町(現 函館市)の
『白糸の滝』と滝壺の氷筍
も観に行ってきました。
※『白糸の滝』については
下記サイト↓を参照してください。
http://www.kitanotaki.net/falls/hakodate/shiraito.html
きたのたき 函館市の滝
【白糸の滝】


先週、先々週、先々々週に引き続き
今冬6回目の訪問(&ご報告)です。
これまでの訪問履歴については
↓を参照してください。
”南茅部の氷筍記2012(1)~(5)”参照)

週の前半は日中の最高気温が
プラス(0度~5度)だったので
滝壺の氷も融ける方向かな~と思ったのですが、週後半再び最高気温がマイナスに
なったせいか大きく成長していました。
ただ・・・残念ながら上部の滝の氷が先週よりも短くなっています。

今冬のキビシー寒さなら滝の氷と滝壺の氷筍がつながって
氷瀑が見られるかも!という期待があったのですが、これだけ
氷筍が成長した状態でつながらないとなると・・・う~むorz。
どうしても日中暖かい日を挟んでしまうと滝の氷が落ちてしまい
ますから・・・やはり難しいのでしょうね(^^;。
ただ、氷筍については近年稀に見る大きさです。
←左の写真と下の写真をクリック拡大して
 一緒に写っている人間と比較してみてください。
ウチが撮影している前後にも、入れ替わり立ち替わり見学の
車が止まって記念撮影されていました。

通過する車の人々も、この氷の塊が気になったご様子で
何度もチラチラ見ていました。
#見上げるくらい巨大ですからね~(^^)。
 ちゃんと出来始めから成長過程を見ているので、
 今は私も驚きませんが、全く知らないで通ったら
 「一体何だ?!この物体は?」と思いますもん(爆)。

滝の水が滝壺で凍り
筍のように
上へ上へとモコモコ、
ニョキニョキと寒さと
共に下から積みあがる
ように伸びて出来た
今冬の美しい氷筍

透き通って青く美しい
氷の芸術を、実際に見て
写真に収めることができ
嬉しかったです。

次週はだんだん春に向か
って気温が上がっていく
ので融ける方向でしょう
か・・・。
一応次週も観に行く予定
ではいますが・・・氷の
塊が融けて小さくなって
いるようであれば、このブログでは報告しないかもしれませんm(__)m。

拍手[1回]

PR

Navigation

「南茅部の氷筍記2012(6)」へのコメント

「南茅部の氷筍記2012(6)」にコメントする

コメント作成

Navigation

Copyright ©  にょほほんっと3  All Rights Reserved.
  • 忍者ブログ
  • [PR]

menu

カレンダー

04 2017/05 06
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

ブログ内検索

カテゴリー

アーカイブ

プロフィール

HN:
nagin
自己紹介:
こんにちは!
このブログも8年目です。
Blogスタート時は福岡デシタ。
福岡(2004.10-2005.07)→
東京(2005.07-2006.01)→
北海道(2006.01-現在)と
引越し、道内で2回引っ越し
(2008.10と2010.03)
してます。

2010年3月以前の記事は
旧サイト「にょほほんっと2」、
2008年6月以前の記事は
「にょほほんっと」で書いた
のを移植しています。

最新記事

バーコード

RSS

アクセス解析

フリーエリア