忍者ブログ

「舌の位置と息の通り道の関係」の詳細記事: にょほほんっと3

にょほほんっと3

日々の他愛もないことをぶつぶつと。                           気になった記事(過去記事を含む)へのコメントor拍手ボタン大歓迎です。

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

Navigation

舌の位置と息の通り道の関係

引き続き発声について考察中。
”リュックとハミングの関係”参照)

姿勢について考えていたら、ふと舌の位置がすごく気になった。
例えば、顎を前に突き出した状態で舌を大きく前に出すことは
すごく難しい。顎を少し引いた状態だと楽に舌が前に出る。
ついでに、猫背よりも背すじを伸ばした方が舌を前に出しやすい。

舌を前に出すと耳の付け根に大きな空間ができる。
そういや小学生の頃「口を大きく開けて耳の付け根を開くように!」
と教わったケドこのことだったのか。
#舌を出せとは習わなかったケドね・・・(^^;

あとは、この「舌をできるだけ前に出す」方法で
"P"や"B"や"M"や"L"や"T"や"S"を発音すると・・・おお〜自然に
息が前に通るじゃないですか〜(^^)。
つまり、中学生の英語の授業で、"th"の発音は「舌を両顎で挟む
ように」と習ったけれども、"th"に限ったことではないということね・・・。

そういう目でもう一度 Natalie Dessay の歌っている姿を
見るとナルホド納得。こめかみから耳下辺りがものすごく
良く動いている。
http://www.youtube.com/watch?v=UFtKpO0eKIg&mode=related&search=
"Ah! non credea mirarti" および"Ah, non giunge"


以前、「唾を吐くみたいに言葉を吐き捨てているように見えた」と
”LとRの間”参照)
書いたのだけど、実は舌が前にきちんと出ていたというワケね。なるほど〜(^^;

拍手[0回]

PR

Navigation

「舌の位置と息の通り道の関係」にトラックバックする

「舌の位置と息の通り道の関係」へのトラックバック

「舌の位置と息の通り道の関係」へのコメント

「舌の位置と息の通り道の関係」にコメントする

コメント作成

Navigation

Copyright ©  にょほほんっと3  All Rights Reserved.
  • 忍者ブログ
  • [PR]

menu

カレンダー

08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

ブログ内検索

カテゴリー

アーカイブ

プロフィール

HN:
nagin
自己紹介:
こんにちは!
このブログも8年目です。
Blogスタート時は福岡デシタ。
福岡(2004.10-2005.07)→
東京(2005.07-2006.01)→
北海道(2006.01-現在)と
引越し、道内で2回引っ越し
(2008.10と2010.03)
してます。

2010年3月以前の記事は
旧サイト「にょほほんっと2」、
2008年6月以前の記事は
「にょほほんっと」で書いた
のを移植しています。

最新記事

バーコード

RSS

アクセス解析

フリーエリア