忍者ブログ

いるみね~しょんの記事一覧: にょほほんっと3

にょほほんっと3

日々の他愛もないことをぶつぶつと。                           気になった記事(過去記事を含む)へのコメントor拍手ボタン大歓迎です。

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

今年のツリーは20m!

函館ベイエリア
「2011はこだてクリスマスファンタジー」の
クリスマスツリー

先日、東浜桟橋(旧桟橋)から写真を撮った時に
”水面に映る函館ベイエリアのクリスマス”参照)に
ツリーの写真も撮っていたのですが、載せるのが
遅くなっちゃいました(^^;;;。

遠くから見ても、今年のクリスマスツリーは非常に大きいなあと
感じたのですが、報道によると20mとのこと。
確か昨年は12m(ひょっとしたら15mだったかも?)だったよな~と思って
ブログを確認したのですが→(”樅の木は裾野広がる美しい三角(^^;”参照)
・・・高さ書いてなかったorz。
#一昨日は、12mの記述有→(”海上の巨大ツリー!”参照)。

ステージが設置されている真正面(上の写真)が
一番綺麗な三角形で美しいなあと思うのですが
やはり海の上に浮かぶ船の上に乗っている姿が
函館のクリスマスツリーらしくて良いなあと
思っているので、もう一枚おまけで掲載(左の写真)。

25日まで開催されています。今年は日が落ちると
底冷えする寒さが続いていますので、ぜひ温かい
恰好でいらしてくださいませ。
2011はこだてクリスマスファンタジー
http://www.hakodatexmas.com/

拍手[0回]

PR

水面に映る函館ベイエリアのクリスマス


東浜桟橋(旧桟橋)からベイエリアを臨む。

12月25日まで、20mの巨大クリスマスツリーが設置された
2011 函館クリスマスファンタジー(http://www.hakodatexmas.com/)が
開催中です。

拍手[0回]

光を纏う坂道

はこだてイルミネーション
会場のひとつ”基坂(もといざか)”
坂を登りきったところにあるのは
旧函館区公会堂 。
はこだてイルミネーション
http://www.hakodate-illumination.com/illumination/

拍手[0回]

樅の木は裾野広がる美しい三角(^^;

函館ベイエリア
「2010はこだてクリスマスファンタジー」の
クリスマスツリー

正直、昨年観に行ったから今年はいいや~と
思っていたのですが(↑贅沢な理由)
新聞やWEBで紹介されている写真を観ると
全然形が違う~(^^;。綺麗な三角形~!!

そういや・・・昨年は毎年カナダの姉妹都市から贈られてくる樅(モミ)の木が
間に合わず椴松(トドマツ)だったなあと。(”海上の巨大ツリー!”参照)

ならば!・・・本物の樅の木のクリスマスツリーが観~た~い~ぞ~!!
ということで、急遽観に行ってきました(ぉ)。

確かに頂点の星を中心とした三角形を描く、裾野の広がった樅の木というのは
聖なる感じというか、凛とした品がありましたねぇ。
もちろん昨年のトドマツも頑張ってはいたのだけど・・・地元に沢山ある木を
使わずに、毎年わざわざカナダから贈ってもらう理由がなんとな~く理解できた
ような気が・・・(爆)。
#ゴメンよ。昨年のトドマツ・・・(^^;。

船で海上を運ばれてきて、イベントの間中、船上で
ライトアップされている樅の木は、水面にも美しい光を
落としていました。

一見の価値ある本物の美しい樅の木のクリスマスツリーは
12月25日まで。
温かい恰好でお越しくださいm(__)m。

拍手[0回]

長万部駅前のイルミネーション!!

長万部ファンタジックイルミネーション

長万部駅前近くの駐車場の大きな木が
電飾で彩られています。
写真をクリック拡大してツリーの後ろ
(左側)を良く見ると、長万部駅に停車
中のスーパー北斗がみえると思います。

他にも、線路沿いに町内の企業や有志の方々が製作した手作りの
イルミネーションオブジェが、沢山連なっていました。
 
しっかし、しば〜らく写真を撮っていたのですが誰もいません(^^;。
誰も来ません(爆)。

まあ・・・12月中旬から点灯していたようですし、クリスマスシーズンも
すぎていますからね・・・(^^;と思って、ほとんど貸しきり状態で写真を
撮っていたら・・・寒い!!!さすがに底冷えしてます。
・・・これは長時間眺めるのは、結構厳しいです。でもなかなか綺麗です
ので、一度観に行かれてはいかがでしょうか。

http://www.osyamanbe.com/oshamambe-event/oshamambe-irumi.htm
長万部ファンタジックイルミネーション

#長万部駅近くまで行くと、すごく明るいのですぐに場所は判りますよ(^^;。

拍手[0回]

電飾祭典2009part2

函館 湯の川交差点付近

赤信号の先頭で止まらないと
写せない場所にあって・・・(^^;。

拍手[0回]

電飾祭典2009part1

函館 ベイエリア

ツリーも見事ですが
”海上の巨大ツリー!”参照)
ツリーの周りも綺麗です。

拍手[0回]

海上の巨大ツリー!

函館ベイエリア
「2009はこだてクリスマスファンタジー」の
クリスマスツリー

このツリーが大きい!!!
そして決め細やかな電飾で
彩られていて綺麗です。

いつもは、毎年カナダの姉妹都市から樅(モミ)の木が贈られてくるらしいのですが
今年は残念ながら間に合わず、椴松(トドマツ)になったとのこと。
でもまあ、いつも車で山道を走っていて、雪を被った椴松が樅の木みたい(でキレイ)だなあと
常々思っていたので、全然問題なしかと(爆)。
#まあ、どっちもマツ科モミ属ですから(^^;。

さて・・・このツリーなのですが、なんと!!!船で海を運ばれてきます(驚)。
TVニュースで流れていた海上運送の様子を見て、正直私は目を丸くし、大爆笑
してしまいました。まっすぐ一本立った大木が静々とすべるように海上を運ばれて
くるのです!!!さすが海上交通技術の発達した都市、函館!

さらに実際にツリーを観に行ってオドロイたのは・・・運んできたツリーが
そのまま船の上にある!!!
てっきり運ばれてきたツリーは、地上に降ろされるものだとばかり思い込んでいた
私は、現地でまたまた大爆笑。
#写真のツリー下辺りを良く観ると、船の上に乗っていることがお分かりいただ
 けるかもしれません(^^;。
強風が吹いても大丈夫なんだろうか・・・(^^;。それにしても豪快な・・・。
いや〜函館は・・・驚きの連続です(爆)。

さて、実際にツリーが船で運ばれてくる様子は下記サイトに動画がありますので
是非ともご覧ください↓。
http://www.youtube.com/watch?v=JC_qRlf-S9g&feature=related
「クリスマスの使者!?」はこだてクリスマスファンタジー

#私的には、ツリーを搬送する人々が小〜さく船上にみえるのがツボ。

また、これらの動画を製作、掲載しているサイトが下記ですので、こちらも是非↓
http://www.omoide.tv/hakotube/
はこだてCM放送局

#私の大好きなイカール星人”イカール星人!!”参照)の動画も満載です(^^)。

追記
TVのニュースで、ツリーの高さは12m。5万個の電球で彩られているとのことでした。
さすがにでっかいですね(^^)。
#ど〜りで搬送している船に乗っている人が豆粒みたいに見えた・・・(^^;。

拍手[0回]

電飾祭典2008part2

20081215103306ひろめ荘

”ひろめ”とは古語で”広布”、
昆布のことだそうです。

こちらでは、個人宅庭で
結構ガッチリ電飾を
やっているお宅が多いの
ですが・・・
#いったい何の店だろう?と驚くぐらいの飾りです。
なかなか個人宅の写真を撮るのは気が引けてしまって撮ってません(>.<)。

クリスマスシーズンの電飾もすっかり定着しましたねえ・・・(^^;。

拍手[0回]

電飾祭典2008part1

20081215103010南茅部公民館前

写真のうつりが悪いので
よく見えませんが
中にプーさんがいます。
木がすごく大きいので
写真撮るの結構大変でした(^^;。

拍手[0回]

電飾祭典part13



於 金森赤レンガ倉庫付近

拍手[0回]

Navigation

Copyright ©  にょほほんっと3  All Rights Reserved.
  • 忍者ブログ
  • [PR]

menu

カレンダー

08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

ブログ内検索

カテゴリー

アーカイブ

プロフィール

HN:
nagin
自己紹介:
こんにちは!
このブログも8年目です。
Blogスタート時は福岡デシタ。
福岡(2004.10-2005.07)→
東京(2005.07-2006.01)→
北海道(2006.01-現在)と
引越し、道内で2回引っ越し
(2008.10と2010.03)
してます。

2010年3月以前の記事は
旧サイト「にょほほんっと2」、
2008年6月以前の記事は
「にょほほんっと」で書いた
のを移植しています。

最新記事

バーコード

RSS

アクセス解析

フリーエリア